“Handcrafts”

 

“We take pride in craftsmanship and
never skimp on time and effort.”

 

私たちの様な仕事をする人は、「自分を表現したい」「人がやっていない事をやりたい」と思って始めた人も多いのではないかと思う。私もそうであるし、「何かおもしろいことをしたい」という想いが強い。 そうなると、既存の考えや方法ではそうはならない。私は、革製品や布帛製品のセオリーだけではなく、自動車修理工や古着の買い付けの頃の経験を生かしてこれまでにない手法を考えた。 そして働く場所も、利便性や効率は二の次に、自由を求め山の中に移った。 競争は得意ではないし、人と比べられる事も好きではない。私たちは唯一の形でありたいと思っている。

 

“Express myself”, or “wanting to do what others are not doing” could be the motivation for people starting this type of work. I want to do something really exciting. I feel that really strongly.xExisting ideas are non useful. I figured out a new exciting way combining my experience -theory on leather and canvas products, knowledge of car fixing engineer and what I went through as a buyer of used clothes. For working place I sought for freedom, not convenience or efficiency. So moved into the mountain. I am not keen on competition and hate being compared with the others. We want to be the one and only.

真 鍮【Brass】 真鍮製のオリジナル金具。真鍮の色をくすませて風合いを出したり、立体感を出すために叩いて膨らませたり、もう一手間を加えることで存在感のある金具へ。
Original brass fittings. Dull brass color to get the texture, tapping it to get three dimensional effect or adding another little tricks to give them a presence.

ペイント【Paint】 私たちはキャンバスバッグを縫製してからハンドペイントする。生産性や効率を考えれば縫製前にプリントすることもできるが、バッグへペイントしたその質感ある表情は譲れない。また防水という機能を持ち、意味のあるデザインとなる。
Firstly saw up the canvas bags and paints are applied later. Painting could be done before hand but expression of after paints cannot be compromised. Paints work as waterproof so give meanings to the design.

ミシン【Sewing】 革小物には小回りが利き、ステッチが美しい足踏みミシンを使う。カタカタ軽快に動くミシンを操作するだけで、ものつくりが楽しくなる。そのほかにも様々な特殊ミシンを使い、帽子やレザージャケットなど多様な製品を作る。革、コットン、ナイロン、厚い生地や薄い生地、様々な素材を組み合わせることができる世界でも類をみない技術と環境、そして発想を持っている。
For leather accessories we use treadle sewing machine. It is easy to turn, has beautiful stitches. Our various special sewing machines enable to combine different materials – leather, cotton, nylon, thick fabric and thin fabric – to produce hats, leather jackets etc. Our garments are created with good skills and unique environment.

「素材と道具は、いいに越したことはない」 
 
どんな素材であっても、美味しい料理は作れるかもしれない。でもやはり素材はいい方が良い。とりわけ革については、切りやすく、縫いやすく、磨きやすいものが、結果的に長く使って良い風合いになる。そして作っていて楽しい。それは繊維の細かさや油分の量などを含めたバランスの良いクオリティーを表している。その良い素材を正確で美しく料理するための道具もいいに越したことはない。私たちは様々な特殊ミシンやお手製の道具、治具を用意して、素材に負けぬ料理を作る。

“Materials and tools have never been better” 
 
You might be able to cook nice foods with any ingredients but it’s always better when ingredients are better. Same for leather. Leather that is easy to cut, sew and polish will mature very nicely in long usage. It’s really important to combine well balanced, high quality of materials – pay careful attention to the material’s details – oil contamination, sensitivity of fabric etc. Good tools always make it even better. Final products will be so much better than just combined materials.

長く使える製品を提供したい。そのために私たちは、飽きのこない、丈夫な製品をデザインする。また後に修理を受け付けることでさらに長く使うことができる。私たちが廃校活用することや、手作業の工程を多く含むものは、「大切にする」という思いを表している。この思いは、製品に対してだけではなくスタッフや外注先、自然環境など様々なことに向けることができる。今後、私たちの仕事が周りにとっていつも良い結果をもたらす事が出来る様な、素晴らしい仕組みをつくる事が出来たら、私たちのものづくりはより成熟するだろう。

We want our products be long loved. Strong, with design that you wouldn’t get tired of.
We do maintenance for long usage. We care. Renovating closed school for workshop, many manual works used – because we want to take care. Same philosophy is emitted to sub suppliers, staff and surrounding nature. If we can make surrounding people happy with our works, our handcrafts will be more matured.

  

ものつくりの先 
 
“Through handcraft”

T.S.L CUBS Inspiration Labは、2歳から小学生までを
対象に「考え、作る」ことを行うワークショップ。 
 
T.S.L Club Inspiration Lab, workshop for kids
(from two years old to primary school children)
focus on “think and create”.

地域交流
2012年の移転時から毎年1回、地元小学校2校と中学校1校に 
レザークラフトの体験授業を行っている。
 
Regional exchange
Once a year since the relocation in 2012, we have been 
conducting leather craft trials at two local elementary 
schools and one junior high school.

私は子供のころ「いいこと思いついた!」と言って何かをよく作っていた事を思いだす。 
私の娘もこの前言っていた。そのひらめきを形にできる環境はとても大切だと思う。私達は子供たちの「いいこと思いついた!」の手伝いをしたいと思っているそして私達も子供たちと接することで、新しい”いいこと”を思いつくはずだ。

 

When I was little I was always like “got a good idea!!” and was always making things. My daughter was saying the same thing the other day. I think that the environment to actualize the inspiration is very precious. We would like to give our hands to help kids getting “got a good idea!!” experience and spending time with kids inevitably brings new exciting ideas to us.

 
 

河合 誠 かわい まこと
 
1972年生まれ
 
幼少期、祖父の町工場のボール盤で金属に穴を開けていた。鉄と油の焼ける匂いに大人を感じた。気がつけば、自動車修理工に。その後、古着の卸販売会社に就職。90年代中頃、古着の買い付けに行ったアメリカで知り合ったレザークラフトマンとの出会いが今の仕事のきっかけとなる。2007年SSシーズンよりTHE SUPERIOR LABOR をスタート。自動車修理での経験がTSLのもの作りと姿勢に大きく影響している。

Makoto Kawai, Born 1972 
 
When growing up, enjoyed making drilling holes on steels in grandfather’s downtown factory. Smell of steel and burning oil was a symbol of adult for me. Grew up, has become a car repairing engineer.Later, started working as a used clothes buyer. In mid 1990’s met one leather craftsman during traveling in the US in hunt for used clothes.
He was a great inspiration for current work. Established SUPERIOR LABOR in 2007 SS. Experience in car repair greatly affects TSL philosophy and manufacturing.

▲ BACK TO TOP