NAP-DOG - アナログということ
20976
single,single-post,postid-20976,single-format-standard,no_animation

アナログということ

イメージ

先日こと、海外からのお客さんにアナログ観について質問された。

アナログなモノが好きだということは伝えたが、

なぜか?は上手く伝えることが出来なかったと思う。

なので、考えてみようと思う。

アナログとは、ざっくり言うと、

情報を連続的な量として扱うこと。そういう仕方の情報処理方式。

と、言うことらしいが、今回の質問の意味は

 ”手動”

という部分のことである。

手動という意味で”アナログ”が好きかと問われれば、好きと答える。

手帳は手描き、時計はゼンマイ、オートバイはキック、

カメラは機械式シャッター、ミシンは足踏み、車は軽トラ、

すべてが電気を使用しない物だけではないが、

身の回りに多くの手動がある。

逆に、デジタルを考えてみると、

・スマートフォンのアップデートが怖い

・最新の車の機能はほぼ使えていない

・タッチパネルが眩しいと感じる

・ON/OFFのボタンがはっきりしてないと不安

・BSとかCSに切り替えたくない

・英数大文字小文字を使用しないといけない

パスワードは設定しない

・ICカードは便利、でもスマートフォンでは活用しない

現代の電子機器について、ICカード以外対応出来ていない。

結果発表!!

アナログが好きか嫌いか、ではなく

デジタルに興味がなく、かつ対応できない、

昭和の男という事になりました!!

古い人間だと言えばそうなのだが、機械の中の状況を想像しながら操作したり、コツを掴んですべてが上手くいった時の道具と人間の一体感。使う人間の癖がつくのも、機械の特徴。

そんな、自分次第の道具がボクは好き。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ